トップ

栄養不良で薄毛になる

薄毛の原因を考える

ストレス

食生活が原因の薄毛の改善法

薄毛とは、頭髪の全体量が不足したり頭皮の一部が露出する様な状態の事です。男性に多く見られる症状ですが、近年になり女性にも増加している事が報告されています。様々な原因が考えられる中で、注目されているのが無理なダイエット等による栄養不良です。頭髪は、頭皮内の幹細胞の増殖により成長するのですが、血の余りとも表現されるように十分な栄養が必要となります。この為に、食生活をおろそかにしていると細胞分裂がスムーズに行われなくなり、薄毛が進行するという結果につながります。これを改善するためには、栄養バランスを整える事が必要となります。

原因は遺伝だけではない

最近になって排水溝に溜まる髪の毛の量が増えた、また朝起きたら枕に大量の抜け毛が付いてたという人も少なくはないでしょう。薄毛の原因は遺伝的な要素もありますが、近年は昔と比べてからだに良いとされる日本食を食べる機会が少なくなり、食生活の欧米化が進んだことが挙げられます。お肉や脂っこいものばかりを食べていると、頭皮に過剰に皮脂が分泌して老廃物が毛穴に詰まってしまい抜け毛を引き起こしてしまいます。薄毛を予防また改善したいのであれば、脂っこい食事はできるだけ避けるようにして、魚や大豆製品、緑黄色野菜、海藻、キノコ類などバランスよく食べることが大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 栄養不良で薄毛になる. All rights reserved.